被害を出さずに対処|害獣被害に遭うときはハクビシン駆除を|安心できる生活を取り戻す

害獣被害に遭うときはハクビシン駆除を|安心できる生活を取り戻す

被害を出さずに対処

蜂の巣

危険を冒さないこと

ハチの巣は秋が深まるにつれて、日々大きくなっていく特徴があり、物陰に隠れている場合、相当大きくなるまで気が付かないことも少なくありません。気が付いたときには、すでに、素人では駆除できないほどの規模になっており、近づくことさえできなくなります。ハチの巣は徐々に大きくなっていき、餌が豊富で条件がよい場合、6段重ねの大きなものになることさえあります。また、目安としてハチの巣から10m以内に近づいた相手で特に黒っぽい色のもの対しては、襲い掛かる可能性があり、頭、目といった箇所を狙われる傾向に有ります。そのため、できる限りハチの巣は早めに駆除したほうがよく、専門の駆除業者に連絡して、状況確認してもらうことが大事です。

表示などして対処

ハチの巣を見つけた場合、それが人通りが考えられる場所の場合は、まず注意喚起をするための表示や、停止線を張るなどの方法で、近づかせないことが大切です。ハチは、一度的と認識すると、まずは歯を鳴らして警戒音を発し、相手を威嚇しますが、このとき、知らずにその場を離れ得なければ、集団で襲い掛かるのです。また、ハチを見たからといって大声で騒ぎ立てることも逆効果で、興奮したハチが襲い掛かってくる場合も有ります。とにかく、近づかずに、騒ぎ立てたりしないように、注意喚起をおこない、何事もなかったかのような立ち振る舞いをしておくことです。そして、何よりもハチの巣駆除業者に連絡して、できるだけ早く、駆除の手配をすることです。