害獣の対策には|害獣被害に遭うときはハクビシン駆除を|安心できる生活を取り戻す

害獣被害に遭うときはハクビシン駆除を|安心できる生活を取り戻す

害獣の対策には

メンズ

種類に合わせて

よく天井裏や倉庫など、人の目が触れない場所に住み着くことがある害獣たち。おもにハクビシンやアライグマ、ネズミや蝙蝠、イタチや鳩などが比較的有名ですが、他にも猿や猪、熊などの大型動物も害獣の一種です。もっとも害獣といっても基本的に鳥獣保護法に適応されている動物は、許可がなくては自力での駆除は禁止されています。しかし忌避剤などの市販の害獣駆除グッズを使用して追い払うことは可能ですし、対策として家の壁を補強して動物が入らないようにしたり、雨どいの配置を工夫するなどの行為は可能です。また害獣の中でもネズミの場合は鳥獣保護法に含まれていないので、自力での害獣駆除も問題ありません。その場合は捕獲籠や粘着シートなどを使用すると便利です。

駆除する際は

害獣駆除をする方法は大きく分けて自力で市販のグッズを使用することで実行する方法と、専門業者に依頼する方法の二種類があります。ただし自力での害獣駆除は鳥獣保護法に守られている生物が対象の場合、行政に許可を取る必要があります。また行政によっては捕獲用具をレンタルできるなどのサポート体制が整っているところもありますし、専門の駆除業者を紹介してくれる場合もあります。さらには害獣被害が深刻なエリアの場合は助成金や補助金も出ることもあるため、駆除を実施する前に問い合わせや相談をしてみると良いでしょう。もっとも行政のサポートだけでは難しいケースもあるので、そういった場合はやはり専門業者に依頼するという方法が一番確実です。