イタチの生態と被害|害獣被害に遭うときはハクビシン駆除を|安心できる生活を取り戻す

害獣被害に遭うときはハクビシン駆除を|安心できる生活を取り戻す

イタチの生態と被害

イタチ

日本に生息するイタチ

イタチは平野部の草地や田んぼ、川辺などの土地の低い水辺に暮らす動物で、主にネズミや昆虫、鳥などを捕食しています。現在日本では日本イタチとチョウセンイタチが生息しています。日本イタチは在来種でほぼ日本全域に生息していますが、チョウセンイタチハは朝鮮地方から西日本に入り込んで来た外来種です。その為、関西地方はイタチ駆除依頼が多い地域であり、その大半はチョウセンイタチによる被害と言われています。イタチは夜行性で昼間に活動する事は少なく、昼間は穴の中で寝て、日が沈むころから活動を始めます。イタチの繁殖期は3〜5月で、一度に3〜7匹出産します。そして、この頃からイタチによる被害が多くなると言われ、民家の屋根裏などに住み着かれたイタチ駆除の依頼が増える時期と言われています。

イタチ被害に遭ったら

イタチによる被害で多いのは、飼っている鶏が襲われたり、養殖している魚や農作物が狙われる被害です。それ以外に、民家の屋根裏に住み着かれてしまう事もあり、夜中に動きまわる音で被害を受けている方も多いと言われています。屋根裏に住み着かれると、糞尿や捕獲した動物の死骸による悪臭被害を受ける事も少なくありません。住み着いたイタチが雌であれば出産をそこでする事となり、受ける被害は大きくなってしまいます。イタチの被害に合ったならば、早めにイタチ駆除を専門業者にお願いするべきです。その理由は、イタチはハクビシンよりも獰猛で、鋭い歯をもった肉食動物で危険であり、しかも追い詰められると肛門付近の臭腺から悪臭を放つからです。また屋根裏自体が危険な場所であり、一般の素人ではイタチ駆除は難しいのが現実です。