害獣被害に遭うときはハクビシン駆除を|安心できる生活を取り戻す

ハクビシンの被害が増加中

ハクビシン

都市部でも被害が増

野生動物による被害が、国内で年々深刻化しています。被害が大きい農作物では、鹿やイノシシ、ニホンザルなどが中心ですが、ハクビシンによる被害も増えています。さらに、最近はハクビシンが、農村だけでなく町中や住宅地でも目撃されるようになってきています。住宅地に増加している空き家が、夜行性のハクビシンの昼間の恰好な隠れ家になっているからです。ハクビシンは木登りが得意なので、町中の電柱・電線を伝って、小さな隙間を見つけ空き家に侵入し、屋根裏へ侵入して住み着きます。野生動物は、今までは鳥獣保護法で保護優先できましたが、近年生息数が増え続けていることをうけ、近年法律改正の動きが出ています。これは、生息数が増え続け生息エリアも広がっている状況を改善するために、保護から生息数の適正管理へ方向転換したということです。これを受け、ハクビシン駆除が重点的に行われるようになってきました。

ハクビシンの駆除方法

ハクビシン駆除を行うときには、市町村の担当部署へ駆除申請をすることが必要です。ハクビシンは野生動物で、鳥獣保護法の制約を受けるからです。被害が発生している市町村では、ハクビシン駆除は申請すること有害駆除の許可が行われます。ハクビシン駆除は、一般的には「はこわな」という捕獲檻を設置して行います。「はこわな」の設置については、狩猟免許が必要ですが、被害者自身の敷地内であれば、特例で免許不要です。市町村では、ハクビシン駆除用の「はこわな」を貸し出ししているところが多くあり、誰でも設置して駆除ができる状況です。ただし、捕獲後の殺処分は必要で、自ら行うことは危険ですし、いくら憎い野生動物とはいえ動物の命を奪うということは精神的に大きな苦痛も伴います。そのため、害虫駆除業者に依頼し安全に確実にハクビシン駆除する人が増えています。

害獣の対策には

メンズ

日常生活の中でも野性動物と遭遇することはありますが、その中でもいわゆる人間に害を及ぼす害獣と呼ばれる生物は厄介な存在です。騒音や臭い、病原菌への感染といったリスクがあるため、害獣駆除を実施することが一般的です。

もっと読む

被害を出さずに対処

蜂の巣

ハチの巣は、あっという間に大きくなる傾向にあり、気が付いたときには、手のだしようがない、ということも少なくありません。そういった場合には、近づくことがないように対処を行い、駆除専門業者に一刻も早く連絡して、駆除してもらうことです。

もっと読む

イタチの生態と被害

イタチ

イタチは害獣ではありますが、鳥獣保護法により許可なく駆除する事は出来ません。また雌は非狩猟獣とされており、捕獲する事は禁止されています。したがって、イタチの被害に遭った場合には自分で駆除したり捕獲する事はせず、専門業者にイタチ駆除の依頼をする必要があります。

もっと読む